横浜で不動産相続・売却のなら、横浜不動産相続・売却相談センター。

HOME > 相続に関するQ&A

不動産相続に関するQ&A

ここでは不動産を相続する上で、よくあるご質問内容をご紹介していきます。

Q1:遺産相続する際の財産(不動産)の調査方法は?

A:相続が発生した際の財産(不動産)調査の方法としては、「固定資産税の納税通知書」
が毎年4~5月に各市町村から届いているはずですので、そちらから確認しましょう。
また納税通知書が見つからない場合は、役場にある「名寄せ帳」の写しを発行してもらいます。 

 

Q2:不動産相続の際、相続登記は必ず必要なのでしょうか?また期限は?

A:相続登記は必ず必要なものではなく、また、期限も特にありません。
登記申請をせずにそのまま相続人が住んでも問題のない場合もございます。しかし、
そのまま放置しておくと、後々他の相続人と相続関係が複雑になっていき、トラブルに
なりかねません。また、年月がたってからの手続きの費用は高くなることが多いので
後々の相続の事を考慮し、なるべく早めの着手が望ましいです。

 

Q3:相続税を現金で納付できない場合、どうすればよいのでしょうか?

A:相続税は現金で納付することが基本原則ですが、相続した財産が不動産ばかりで、
預貯金などの現金での納付が難しい場合には物納という納付方法も可能です。
しかしこれには下記のような条件があります。

①延納をした場合でも金銭で納付することが困難とする事由があること
②物納可能な財産があること
③申告期限までに申請書及び、物納手続き関係書類を税務署に提出し、署長の許可を得ること
④金銭による納付が困難である金額の限度内であること

※なお、その相続税に附帯する加算税、利子税、延滞税及び連帯納付責任額については
物納の対象になりません。 


不動産相続・売却に関するご相談は、不動産相続・売却相談センターへ!

お気軽にご連絡ください

045-440-3366

  • 無料相談はこちら
  • メールでのお問い合わせ

不動産のご相談はお気軽にどうぞ!

受付時間:10:00~19:00
住所:〒220-0011 横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル 9階
パートナーの法律家:行政書士・司法書士法人オーシャン